更年期の不定愁訴お悩み事例

更年期障害は、正式には「更年期不定愁訴症候群」と呼びます。閉経前後に見られる不定愁訴のことを指しますが、めまい、ほてり、頭痛、不眠、肌トラブル…と、実にさまざまな症状が出るため、どうやって対処すればよいのか悩む方も多いようです。

不定愁訴は家族の理解と協力があって乗り越えられる

更年期障害は、軽い症状で済む人もいれば辛い症状に悩まされる人と個人差があります。精神的にも肉体的にも、そして社会や生活におけるストレスと…体の変化と共に重なるので、心のバランスを崩してしまう事も少なくないのです。

そうした状態を受け入れ、仕事もプライベートも無理をしないように、自分のペースをどれだけ守っていけるかで違ってきます。

更年期障害の辛いところは、自覚症状があるのに、自分以外の人からはなかなか理解してもらえないこと。結果的に1人で我慢をし、無理をしてしまうことがあります。

特に、真面目でほかの人に頼るのが苦手な人や、プライドが高く弱音を吐けない性格の人は、より一層症状が辛く重くなりがち。

こうした辛い状況において、強い味方になるのが夫や妻などのパートナー、そして子供を含めた家族です。特に夫婦の理解や協力は絶対ですので、更年期と呼ばれるような時期になったら、お互いの体調や環境について時間を見て話し合ってみるといいですね。

更年期障害は他人事ではありませんので、お互いに理解を深めていくことで症状が出始めたときに乗り越えられる支えとなります。

自分に合った不定愁訴の改善策を探そう

更年期障害を改善するための方法として、ホルモン療法など病院で受ける治療や、女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンを含む大豆系の食品やサプリ、体のめぐりを良くするサポニンが含まれる高麗人参・田七人参などの健康食品・サプリメントを取り入れた方法など、さまざまなものがあります。

日常生活の改善や、運動・体操なども意識したいところですが、更年期障害に良いと言われる方法でも、その効果には個人差が出るものとなっています。

ホルモン療法はとても効果的な治療に思えますが、誰もができるものではなく、健康状態などによってはできないこともあります。また、薬を使うので副作用などのリスクも覚悟しなければいけません。

漢方薬やイソフラボン、高麗人参といった健康食品では、効果がゆっくり穏やかに効いていくので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

漢方薬は効果も高いですが、体質によっては合わないこともあり、なかなか一筋縄では行かなったりするのです。

どの方法をとるにしても、自分に合っている方法であれば効果も高く期待できます。ですが、合わないと効果を実感できないことも…。更年期障害とうまく付き合うには、まずは自分にあった方法を探すことが大事なのです。

更年期障害に良いと言われる方法を試したけど一向に改善が見られない。そんな人のために、自分に合う方法を見つけた人の体験談を集めました。中には、別の方法を試したら、「あんなにつらかった症状が改善された」という声もあるので、どんな方法が自分に合うのかわからないという人は、ぜひ参考にしてください。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。