更年期に効果的な高麗人参の摂取方法は?

日本人にはあまり馴染みがない高麗人参。更年期障害に高麗人参が効くとして、悩める人の救世主的食品となっています。

高麗人参で更年期障害対策をした体験談

  • 高麗人参が良いと聞き、サプリメントで購入。サプリメントなら味もわからないですから飲みやすく、気長に続けられています。体調も落ち着いてきました。(50代)
  • 高麗人参茶を試してみました。メーカーによって味が違いましたが、どれも好みでなく…。薄めて飲むも、はたしてこれで効果が得られるのか不安です。(40代)
  • お酒が好きなので、高麗人参酒にトライ。冷えなどが改善されて、他の症状も軽くなってきたような気がします。ただ品種で変わるようで、年数が高いほど効果もよさそうですが、値段が高くて手が出せないのが残念です。(40代)

高麗人参というと敷居が高く感じますが、健康食品としてさまざまな形で取り入れられるようになっています。無理なく飲める方法としては、サプリメントが人気のようです。

更年期に悩む人要チェック!高麗人参のメリット・デメリット

高麗人参には、過酸化脂質の生成を抑えたり、肝機能を向上させる働きがあるといわれるサポニンが含まれており、これは更年期障害の改善にも役立つとされています。サポニンによって肝機能が向上すると、ホルモンの材料となるコレステロールの生成が促され更年期障害の緩和に役立っていくというのです。

また、サポニンは脳の中枢神経を活性化させる副腎皮質ホルモンの分泌を促す働きも持っており、副交感神経を優位にしてリラックス作用を高めていきます。これが、イライラやストレスを緩和して、眠りやすい状態に。更年期を乗り切りやすくしてくれるのです。

デメリットを強いてあげるなら、味にクセがあるので人によっては苦手意識が拭えず、続けにくい点。また漢方系なので、ものによっては値段も高めです。

そういった声をふまえ、最近では飲みやすさにこだわった錠剤タイプのサプリメントもあるので、「漢方系はちょっと…」と感じる方は、飲みやすいものを選んで、まずは1ヶ月続けてみましょう。

ちなみに、高麗人参と同じウコギ科に属する「田七人参」も、更年期障害の改善に有効であるとして注目されています。サポニンの量を比べると、田七人参では高麗人参の約7倍もあるそうで、各種研究から高麗人参を超える薬効があるとして、サプリメントなどの健康食品にも多く取り入れられるようになっているのです。高麗人参ではちょっと合わなかった人は、さらにパワーの強い田七人参を試してみると、効果を実感できるかもしれませんね。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。