若年性更年期障害(プレ更年期)とは?

更年期障害は40代にならないと起こらないというわけではありません。30代から40代にかけての期間に発症する更年期障害があります。それが「若年性更年期障害(プレ更年期)」です。

年齢を重ねるにつれて、体内の細胞や器官の新陳代謝は落ちてしまいます。女性ホルモンのエストロゲンを分泌する卵巣機能の働きも同様に低下し、閉経に向けてエストロゲンの分泌量が減少。この時期を「更年期」と呼びますが、早期に訪れてしまうことがあります。若年層に起こることため、若年性更年期障害と呼ばれるようになりました。

近ごろ、ささいなことでイライラするようになったり、面倒くさがったりすることが増えていませんか?心や体の変化を感じはじめたら要注意です。プレ更年期はどうして起こってしまうのか、早期に起こらないよう予防するにはどのようなことに気をつければ良いのかを詳しくまとめていますので、ぜひご一読ください。

若年性更年期障害になる原因

30代のうちは関係ないと思っていた更年期障害の症状は、どうして早期に訪れてしまうのでしょうか?その原因を調べてみました。

ホルモンバランスの乱れ

プレ更年期が起こってしまう30代は、仕事を一通りこなせるようになり、大役を任されることが増えます。結婚して家事や育児と両立させている人もいるでしょう。そうなると気になるのが、過度のストレスを抱えていないか?という点です。

やることが多く、何かと追われている毎日を送っているとストレスは蓄積される一方でなかなか解消されません。女性の体は繊細で、ストレスを感じやすい性質を持っています。ストレスを抱え続けていると自律神経が乱れ、ホルモンバランスまで乱れてしまうのです。

生活習慣の乱れ

あまりの忙しさに、規則正しい生活をないがしろにしてはいませんか?20代のうちは「まだ若いから大丈夫」と多少の無理はできていたかもしれませんが、30代からは自分自身の体を思いやった生活習慣が大切です。睡眠不足、食事の時間がバラバラ、過度な喫煙などに心当たりがある方は、少しずつ正しい生活習慣を心がけましょう。

また、運動不足は良くありませんが、過度な運動もおすすめできません。日ごろから激しい運動を繰り返すことで、卵巣機能が低下し、ホルモンバランスに影響を与える可能性があります。

慢性的な栄養不足

年齢とともに新陳代謝が悪くなり、痩せたくてもなかなか痩せられなくなったと感じている人が多い30代。焦って無理な食事制限をしてしまうと、活動するために必要な栄養が足りなくなってしまいます。その時に影響を受けてしまうのが脳の視床下部(ししょうかぶ)

視床下部とは、卵巣機能からエストロゲンやプロゲステロンを分泌させるため、性腺刺激ホルモンを使って指令を出す機能です。この機能がきちんと働けていないと卵巣機能まで抑制され、月経不順を起こしてしまいます。ダイエットにばかり目を向けて体のバランスを崩してしまっては本末転倒です。正しい食生活を送りながらキレイに痩せることを考えましょう。

初潮が人よりも早く訪れた場合

初潮が訪れる年齢が年々早くなってきていることも、原因のひとつとして考えられます。卵巣にある卵子の数は生まれた時にすでに決まっていて、もし人よりも早く生理がきてしまったならそのぶん人よりも早く閉経してしまう可能性があるからです。最初は200万個ほどあった原子卵胞(卵子のもと)も、生理がくるたびに数百から数千個減っていきます。卵子の数もプレ更年期に関わってくるのです。

通常の更年期障害は同じような症状が起こるプレ更年期。その違いは何かというと、「卵巣機能の低下」にあります。本来の更年期障害は、年齢とともに卵巣機能が低下することが原因です。一方、プレ更年期は自律神経やホルモンバランスが乱れた結果、卵巣機能が低下してしまいます。そのため、プレ更年期が心配な人は今の日常生活を見直すことが大切です。

当てはまったら要注意!若年性更年期障害チェックリスト

プレ更年期かもしれないと不安に感じているなら、まずはどのくらい可能性があるのか確認してみましょう。チェックリストを用意していますので、何個当てはまるか試してみてください。

生理時の出血量が減ってきた気がする 生理の周期が以前よりも短くなってきている
顔がほてることがある 顔や首に汗をかきやすくなった
動悸や息切れが気になるようになった 便秘や下痢などの消化不良がよく起こる
頭痛やめまい、吐き気がよくある なんだか疲れやすくなった
肩こりや腰痛、関節痛がある 膣が乾燥していて性交渉時に痛む
トイレの回数が増えた ダイエットしているのに一向に体重が減らない
寝つきが悪かったり眠りが浅かったりする ささいなことでイライラしてしまう
憂うつになることが増えた 以前より涙もろくなった気がする
忘れっぽくなったように感じる 判断力が鈍くなった
いろんなことを面倒くさがるようになった 肌のカサつきやたるみが気になる
髪の毛のハリやツヤがなくなってきた 爪が割れやすくなった
口の中がよく乾く(ドライマウス) 笑うことが年々減ってきた
耳鳴りがする
合計   個

いかがでしょうか?もし7つ以上当てはまったなら要注意です。プレ更年期の可能性があり、内服薬による治療が必要かもしれません。不安なく日常生活を送るためにも、念のため病院で検査してもらうことをおすすめします。

※このチェックリストは目安でしかありません。あくまでも参考程度に考えていただければ幸いです。

プレ更年期の予防策

ホルモン補充療法

体から減ってしまったホルモンを飲み薬や貼り薬で補う方法です。始めてから1ヶ月程度で体調が戻る方が多いと言われています。皮膚から、もしくは経口摂取によってホルモンを補うことができるので、体調不良が長引いている場合や、更年期の症状が著しい場合に適しています。

アロマセラピー

体の緊張を解きほぐしながら、ホルモンバランスを整えてくれる方法です。香りにはさまざまな効果があり、嗅ぐことで神経が安定して、ホルモンバランスが自然に整うといった効果 が期待できます。一例として、ラベンダーには体を温める作用、ローズマリーには疲労回復や冷えの予防、ゼラニウムにはホルモンバランスを整えてくれる効果があるとされています。

安静にする

体調不良を防ぐには、安静にするのも一つの方法です。無理をしてホルモンバランスが乱れてしまうと、更年期の症状が強く出る場合があります。プレ更年期でも、ホットフラッシュやのぼせ、めまいなどの症状が一時的に出ることがありますので、そのような症状を自覚した時には体を大きく動かすのは避け、座ったり横になったりして安静に過ごす ようにしてください。

ストレスを発散する

プレ更年期には、遺伝的要素のほかにも環境要因、いわゆる「ストレス」が関わっているとも言われています。ストレスレベルが高い人ほどホルモンバランスが乱れやすくなるため、普段からストレスと上手く付き合っていくことが大切です。趣味の活動や、体を軽く動かす、汗をかく、何かに夢中になるなど、ストレスを一瞬でも忘れられる方法を見つけておく と安心です。

定期的に検査を受ける

プレ更年期は誰にでも訪れるものですが、程度は人により異なります。家族が更年期障害に悩まされていても、自分自身はあまり気にならない場合もありますし、その反対もあり得ます。更年期外来など、専門的に診察を行う医療機関で定期的に検査 を受け、自分のホルモンの状態を確認していきましょう。定期的に検査を受けることで、どの程度プレ更年期が進んでいるのか、または更年期に入ったか否かがチェックできます。

専門医の診察とアドバイスを参考に、ストレスや食生活などとうまく付き合い、体のコンディションを整えていくことが大切です。

体のめぐりを改善する

更年期障害の症状が出ている時にこそ、体を冷やさないように注意 しなければなりません。軽い運動や入浴などで血液のめぐりを良くすることで体温が上昇し、血行不良の改善や、のぼせ・ほてりといった症状の緩和に効果が期待できます。

イソフラボンを摂る

ホルモン治療には至らないけれど、女性ホルモン・エストロゲンが足りていないという微妙な状態がプレ更年期です。食べ物から少しずつでもイソフラボンを摂取していく ことで、体に不足してしまったエストロゲンに似た働きをプラスしていくことができます。

イソフラボンを摂るには、豆腐や味噌などの大豆製品がメインになりますが、摂取が難しい場合は以下に紹介するサプリメントもおすすめ です。(サプリメントと食品を併用する場合は過剰摂取に注意が必要です)

忙しい人におすすめのサプリメント

女性の体は閉経に向けて、徐々にプレから本物の更年期へと移行していきます。今までに紹介した予防方法を講じても効果がない、かといって病院でホルモン補充療法を受けるのも少し抵抗がある・・・という場合には、サプリメントの活用をおすすめします。

サプリメントには、定番の大豆イソフラボンを主成分としたもののほかにも、漢方をベースにしているものや、ローヤルゼリー・マカなどのアミノ酸を原材料にしているものがあります。どれも更年期のつらい症状にアプローチするもので、疲労回復効果や更年期障害の緩和に適しています。忙しくて更年期の症状に向き合うことができない、もしくは自分に合った予防方法が分からないという時、サプリメントならすぐに症状に対処できます。

更年期の症状が改善するくらい大量の大豆製品を食べるのは困難ですし、毎日大豆製品ばかり食べるのも大変。しかしサプリメントを使えば、足りないイソフラボンを手軽に補うことができます。仮に選んだサプリメントが合わなくても、別の更年期用サプリメントに替えてみたり、漢方をプラスしたサプリメントで症状の改善を試みたりと、いろいろな方法が試せるのもうれしいポイントですね。

個人差が大きいプレ更年期にこそ、イソフラボンなどの不足しがちな栄養素をサプリメントで補ってみてはいかがでしょうか。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。