更年期障害を心配している方は1度血液検査を

更年期障害かも?不安な方は血液検査を

更年期において、「ほてり」「のぼせ」「突然の発汗」や「手足の冷え」など、さまざまなトラブルが現れることもあります。突然の体の変化に戸惑い、「今まで健康だったのになぜ?」「もしかして更年期障害かも?」と不安になる方も少なくありません。

40代のうちはあまり更年期が気にならなくても、50代以降に急に更年期の症状が現れることもあります。人によっては、更年期の症状が強く出ることもあるため、体調不良とうまく付き合っていかなくてはなりません。

更年期の期間は、体調不良だけでなく健康も意識していきたいところ。老後に向けて体調を整えながら、食べものや運動をうまく組み合わせて、健康な体をつくっていきましょう。定期的に血液検査や健康診断を行い、更年期に入ったかどうかも含めて、自分の体に不具合が出ていないか把握しておくことが大切です。

血液検査でわかること

それでは、血液検査からチェックできることや分かることについて見ていきましょう。

1、女性ホルモンの値

更年期障害に入っているかどうか、女性ホルモンの分泌量がチェックできます。更年期と判断されれば、体に出ている症状に応じてホルモン補充療法に入ったり、漢方薬などを使って体調不良を改善していきます。

ホルモンにもいろいろな種類がありますが、血液検査では卵胞ホルモン(エストラジオール)、卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホホルモンと、男性ホルモン(テストステロン)の値がチェックされます。

  • 【卵胞ホルモンについて】
    卵胞ホルモン・エストラジオールとは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの主成分となるものです。加齢にあわせて分泌量が減少するため、エストロゲンそのものも減少すると言われています。
  • 【卵胞刺激ホルモンについて】
    卵胞刺激ホルモンは、卵胞ホルモン・エストラジオールの分泌を促すためのホルモンです。卵胞刺激ホルモンの数値をみることで、卵巣機能がどのような状況にあるか把握することができます。
    値が正常値より高い場合、卵巣がエストロゲンを十分に分泌できていないことを示すため、更年期に入っている可能性があります。血液検査のたびに卵胞刺激ホルモンが高い値を示していれば、「更年期に入っている=閉経が近づいている」と考えられます。
  • 【黄体形成ホルモンについて】
    黄体形成ホルモンは、エストロゲンと対をなす女性ホルモン・プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促しているホルモンです。黄体ホルモンの分泌状況は、黄体形成ホルモンの数値をみながら診断していく必要があります。

2、コレステロール・中性脂肪の値

更年期障害を調べる血液検査では、女性ホルモンの血中濃度以外にもコレステロール値を調べます。女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、コレステロール値を下げる働きを持っています。そのため、エストロゲンが減少することでコレステロール値が増加する可能性があり、それを血液検査でチェックすることができます。

コレステロールや中性脂肪などが上昇すると、高脂血症などの病気を引き起こすおそれがあるため、更年期障害の対処とは別にしてそちらの治療も行っていきます。

3、貧血値

血液検査では、貧血の症状が出ているかどうか(貧血の有無)も調べます。更年期障害の診断に限らず、貧血値のチェックは血液検査では一般的です。

それ以外の項目も検査をしてチェックする

甲状腺などの内分泌系の疾患、高血圧・高脂血症、心臓や肝臓など臓器に関わる疾患をお持ちの方は、血液検査の際にホルモンと併せて個別に検査をすることもできます。(病院によっては対応していない項目もあります)

更年期障害はホルモンの分泌量の低下によって起きる体調不良なので、体にさまざまな不調やトラブルが現れてきます。しかし不調の度合いには個人差があり、まずは問診票を使っての先生との話し合いをしてから内診、血液検査などを経て、詳細にチェックをしていく必要があります。

事前チェックでさらに安心

女性の更年期は、急な発汗やのぼせ、めまい、倦怠感などといった「前兆」をともなうことがあります。今まで健康であったにも関わらず、明らかに体調がおかしいという場合、更年期障害のシグナルが現れているのかもしれません。
 

本当に更年期に入ったのか確かめるためには、血液検査で正確な数値をチェックする必要がありますが、自分で事前に更年期障害の可能性を調べることも可能です。

【更年期障害チェックテスト】知っておきたい重要知識>>

事前チェックでは更年期障害の可能性を0点から100点まで5段階に分けて判定します。顔のほてりや手足の冷えなど、更年期に特有の症状が出ている方は、チェックリストを参考にしながら、更年期外来などの専門医を受診されることをおすすめします。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。