更年期障害の症状~動悸・息切れ~

更年期の代表的な症状のひとつでもある、動悸・息切れ。急に心臓がドキドキし、息がしづらくなると、病気ではないかと不安になることでしょう。

ここでは、更年期障害による胸のドキドキや息切れについて、原因と対策方法を詳しく解説します。

動悸や息切れなどの苦しい症状を克服した、更年期障害の体験談もご紹介しますので、同じお悩みをお持ちの方はぜひチェックしてください。

更年期障害でめまい・頭痛などの症状が出る理由

階段を駆け上がったり、急に激しい運動をすると胸が苦しくなり、上手く呼吸ができなくなることがありますね。年齢を重ねた方は、少しの運動でも息が上がってしまうこともありますし、若い人でも日ごろあまり運動していない方などは、すぐに息切れを起こしてしまいます。

しかし、更年期障害による動悸や息切れは、運動に伴う動悸とは性質が異なるもの。激しい運動などしていなくても、日常生活の中で突如として動悸が起こり、息が思うように吸えなくなったりする事態が発生します。

例えば『就寝中、急に激しい動悸に襲われて目が覚めてしまった…』なんてことも。突然やってくる呼吸困難や動悸は、自分でコントロールできないことなので、とても強い恐怖を味わいますね。

また、それまで経験したこともない症状なので、「心臓の病気なのでは?」と不安に感じてしまう人もいらっしゃるようです。

更年期障害で動悸・息切れなどの症状が起きる原因

このような症状が起きる原因も、女性ホルモンの低下による自律神経の乱れにあるようです。

自律神経は、私たちが意識せずに行っている呼吸や心臓の動きなどを、自然にコントロールしています。ところが、女性ホルモンのエストロゲンが減少し、自律神経が正しく働かなくなると、身体の状況とは関係なく心臓の動きが速くなったり、呼吸が乱れてしまうことがあるのです。

これらの動悸や息切れは、更年期が原因で起こる場合、ホットフラッシュやめまいなど、ほかの症状と一緒に現れることが多いようです

動悸が単独の症状として出ているときや、症状がなかなか改善しないようであれば、心臓疾患や甲状腺の病気などが原因で起きていることも考えられますから、注意しましょう。

適度な運動やリラックスできる趣味で更年期障害対策

動悸や息切れの症状は、精神的な部分との関わりが強く、ストレスが溜まっていたり、緊張や心配が高まっているときに強く出やすい傾向があると言われています。

症状が始まったら、息を吸うことよりも吐くことに意識を集中させて、焦らずゆっくり呼吸を繰り返し気持ちを静めます。鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、お腹をへこませながら口から息を吐く腹式呼吸も効果的です。

また、普段からストレスを溜めないよう、自分なりのリラックス法を見つけておくのも良いですね。ヨガやウォーキングなどの適度な運動、就寝前にアロマテラピーで好きな香りを楽しんだり、毎日ゆっくりお風呂につかる、なんてこともリラックスできる方法のひとつ。

症状がひどい場合は、ホルモン治療などもありますが、副作用が気になる方も多いはず。そんな方は、まずは副作用の心配のないサプリで、ホルモンバランスや自律神経を整えるのもよいでしょう。

動悸・息切れを緩和すると評判の更年期障害対策サプリメント>>

更年期障害の症状別体験談~動悸・息切れ編~



  • 私の症状が始まったのは、40代半ばくらいだったと思います。
    立ち上がった時にくらくらとめまいがあり、目の前が真っ暗になったかと思うと、急に心臓がドキドキして動悸が激しくなります。何かにつかまらないと立っていられなくなり、耳鳴りがすることもありました。日常生活でいつ起こるのか予想できず、自分でもどうしようもなく不安になったことを覚えています。
    義母の介護中だったこともあり、疲れやストレスが溜まって精神的にも不安定になっていた時期だったと思います。できるだけ外に出て運動した方がいいと思い、朝は散歩にでかけたり温泉旅行に出かけたりと気分転換を心がけました。(50代・主婦)


  • 40歳を迎えたころに、更年期のような症状を初めて体験しました。初めは気分が滅入ってどうしようもなくなり、元気を出そうと無理に外に出てウォーキングを始めたのですが…。
    歩いている途中でめまいや動悸が頻繁に起こり、いつ始まるか分からない恐怖で歩けなくなってしまいました。
    それからはあまり無理せず、家で楽しめることをして過ごすように心がけました。漢方系サプリメントを飲むことで少し気持ちも体も楽になったように思います。(40代・パート)


  • 現在55歳の女性です。更年期が始まったのが40代の後半で、もうほぼ更年期は終わったと考えていましたが、まだ動悸や息切れが続くので、もしかして心臓の病気かもしれないと思いましたが、病院では更年期障害という診断を受けました。
    更年期にはいろいろな症状があると聞いていたのですが、ホルモンバランスが崩れると、動悸や息切れも頻繁に起きてくるのだそうです。家でじっとしている時も急に胸がドキドキしてきたり、外に出かけている時に息切れを起こしたりして、生活にはかなり苦労がありました。

    幸い、ホルモン補充療法を続けていたおかげで症状は少し収まりましたが、完全に症状がなくなるのは更年期が終了してからなのだそうです。また、イライラしたり不安に感じるというのも動悸をひどくする原因になるそうなので、リラックスして過ごすように心がけています。 (50代・主婦 )

動悸・息切れが起きた時の対策法

動悸や息切れの症状は精神的な部分との関わりが強く、ストレスが溜まっているときや、緊張感または不安感が高まっているときに出やすい傾向があると言われています。症状が出てしまっても焦らずに対処できるように、対策法を把握しておきましょう。

深呼吸をして気分を落ち着かせる

呼吸が乱れてきたときや動悸が激しいと感じたときは、慌てずにまずは深呼吸をしてみてください。深呼吸はリラックス効果があるため、気分を落ち着かせることができます。このとき、息を吸うことよりも吐くことに意識を集中させましょう

動悸や息切れ時に効果的なのは腹式呼吸です。鼻からゆっくりと息を吸ってお腹を膨らませ、より時間をかけてゆっくりと口から息を吐き出すのが上手な腹式呼吸のコツ。

外出中でも気軽にできるので、強いストレスを感じた時や動悸・息切れが起きそうだと感じたときはぜひ試してみてくださいね。

リラックス効果のあるツボを押す

自律神経の乱れを整える効果のある「神門(しんもん)」というツボを押すのもおすすめ。神門は小指から直線上、手首の内側にあります。手首と腕の境目であるシワの上にあり、小さなくぼみが目印です。

ゆっくりと呼吸しながら、この神門を5秒ほどゆっくりと押しましょう。痛みを感じる場合はさする程度でも構いません。数分間繰り返すことで、呼吸も落ち着いてきますよ。

香りで心を落ち着ける

アロマオイルを用いたアロマテラピーにも、心を落ち着かせて動悸や息切れを抑える効果が期待できます。オイルをコットンやハンカチに1滴落とし、その香りを吸い込みながらゆっくりと呼吸しましょう。

使用するオイルは、自分が好む香りや気分を落ち着かせる効果があるものが◎。具体的には次のような香りが挙げられます。

  • ラベンダー
    爽やかな甘みを感じさせるラベンダーは、多くの方から愛される香りの1つです。興奮を落ち着ける鎮静作用があるとされ、精神的な動揺によって起きる動悸を抑える効果があります。
  • ネロリ
    「天然の精神安定剤」とも呼ばれるネロリは、柑橘系の香りが特徴のアロマオイル。水蒸気蒸留したビターオレンジの花から抽出されています。不安を和らげる効果が期待でき、動悸を落ち着かせるにはぴったりの香りです。
  • イランイラン
    濃厚な甘い香りが特徴のアロマオイルで、心を落ち着かせる効果があるイランイラン。自律神経の乱れを整える効果があり、動悸や息切れを和らげることができます。

対策法が効かない場合は…

症状がひどい場合はホルモン治療を受けることもできますが、副作用が気になる方も多いはず。そんな方は、まずは副作用の心配のないサプリで、ホルモンバランスや自律神経を整えるのもよいでしょう。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。