更年期障害の症状~太る~

40代や50代になると、体に脂肪が付きやすくなり、運動してもなかなか体重が落ちなくなる…なんて話をよく聞きます。これは、更年期における一つの症状です。

更年期障害の症状別体験談~肥満編~

  • 40歳を過ぎて、これまでと食事量は変わらないのに、急に体重が増え始めました。年に1度の健康診断でも、「肥満・高コレステロール」と書かれ、お医者様からもダイエットを勧められ…。ダイエットをしても、若いころのようになかなか体重が減らず…どうしたらいいのか悩んでいます。(40代・女性)
  • 更年期障害のホルモン療法の副作用で、体重が増加。しかも、おしりからふくらはぎまでひどくむくんでしまって、見た目もひどく精神的にもかなり参ってしまいました。受診したら、「肥満よりもむくみが原因かもしれないと」と言われました。(40代・女性)

更年期障害のせいで太る?

上記の体験談にあるように、40歳を過ぎた頃から体重のコントロールが難しくなったのを感じる人が多いようです。これも更年期障害からくるもので、太りやすく痩せにくい体質になると言われています。

更年期に入ると太りやすくなるのは、体全体の筋肉量が減り基礎代謝が低下するからです。エネルギーの燃焼率が悪くなるので、太りやすく痩せにくい体質へと変わっていきます。代謝が悪くなっているのに食事量が変わらないのであれば、エネルギーに変換できず、脂肪となって蓄積されてしまうのです。

また、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの低下も太る原因。エストロゲンには、コレステロールをコントロールして内臓脂肪を減らす働きがありますが、減少することで悪玉コレステロール値が上昇。内臓脂肪がつきやすくなり肥満体型に…。ひどくなると動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞を発症させてしまうこともあるのですから要注意です。

更年期障害・動脈硬化におすすめのサプリメント>>

落ちた代謝をアップさせること

更年期では、日々の食事や生活習慣には気を付けなければいけません。食事は暴飲暴食をしないようにし、たんぱく質や脂質、糖質、ミネラル、ビタミンなどの五大栄養素をバランスよく摂取すること。先に食物繊維がたっぷりと含まれた野菜や汁物などを食べるようにすると、血糖値を急激に上げることもなく、食べすぎも予防することができます。サプリメントなどで不足分を補ったりするのもいいですね。

そして、体を動かすことを意識しましょう。更年期はただでさえ代謝が低下してしまう時期なので、簡単な運動で筋肉量の増加・筋力維持をおこない代謝を下げないようにしましょう。ウォーキングはもちろん、水泳などの有酸素運動がおすすめです。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。