更年期障害の症状
~吐き気・嘔吐・食欲不振~

更年期障害の症状として、吐き気・嘔吐・食欲不振があります。急に食欲が落ちた、胃腸の調子が悪い、吐き気がおさまらない…なんて場合は、更年期に入っているからかもしれません。

更年期障害の症状別体験談~吐き気・嘔吐・食欲不振編~

  • 食欲はないのですが、無理やり食べています。心配になってホルモン治療を受けましたが、もっと食欲がなくなってげんなりしています。あまりに辛いので、ホルモン治療はやめて別の方法にしようかと考えています。(50代・女性)


  • 更年期障害で寝れなくなりました。睡眠導入剤などでなんとか寝ることはできているのですが、食欲だけはどうしても戻りません。(40代・女性)


  • 更年期には太ると聞いていたのに、私の場合は激やせしてしまいました。 家族は毎日ふつうに食事をするのですが、肉やご飯など、同じものを食べようという気持ちがなくなってしまったのです。時々気持ち悪さと嘔吐感が同時に襲って来たりして、猛烈な違和感を感じる日もありました。 体脂肪を減らしたいと思っていたので、ダイエットにいいかもしれないなぁなんて楽観的に考えていましたが、実際にはそんなに甘いものではなく、実際に食べられなくなってしまいました。

    どんどん食が細っていくので病院に行って相談してみたところ、年齢からくるもの=更年期かもしれないということになり、一応更年期の検査も行いました。 更年期障害と診断されてからは、ホルモンバランスの乱れなども指摘され、そのまま治療に入りました。食欲が激減していた頃から比べるとかなり戻ったように思います。 現在では、特に体に異常もなく、食事も一日に2回程度食べられています。 (40代・会社員)

「食欲がなくなって体重が減った!」なんて喜ぶほど、事態は軽くありません。食事は生命維持活動においては大事なものですから、吐き気や食欲不振などは早期に改善する必要があります。

副作用の心配がない更年期障害におすすめのサプリメント>>

更年期障害で吐き気や食欲不振がひどくなる理由

更年期における吐き気や食欲不振は、女性ホルモンのエストロゲンが減少しているからです。副交感神経が優位になると胃腸の働きも活発になりますが、ホルモンバランスの乱れから自律神経が乱れるとうまく働かなくなります。すると、胃腸が衰えて食欲低下、消化機能も低下することで胃もたれや吐き気などが起こるように…。

吐き気や食欲不振はストレスとも深い関係があるので、過度のストレスを受けていると症状もひどくなります。家庭や仕事、人間関係で深刻な悩みを抱えている人は注意が必要です。また、ほかにも睡眠不足や疲労、運動不足、飲酒、喫煙なども原因となるので、吐き気や食欲不振の際には見直してみましょう。

食欲がない時に無理に食べる必要はありませんが、量より質で、栄養価の高い食材を食べるようにします。スープなどの食べやすく柔らかいものがおすすめで、ハーブやスパイスなどを取り入れると食欲や胃腸を刺激してくれます。また、サプリメントなどの健康補助食品で補ってもいいですね。

ただ、激しい吐き気で動けない、何度も嘔吐を繰り返す…といったひどい状態では、もしかしたら更年期障害以外の病気が隠れているかもしれませんので、病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。