更年期障害の症状~肩こり・腰痛~

肩や腰など、更年期になると痛みが生じる理由は?更年期障害のひとつとしてあげられる「体の痛み」について、原因と改善方法について詳しく解説します。

また、更年期の肩こりや腰痛などの体の痛みに悩まされた人たちの体験談も紹介しているので、改善のヒントを探してみてくださいね。

更年期障害の症状別体験談~肩こり・腰痛編~

  • 年齢的にはまだ早いな~という歳なので油断していたのですが、耳鳴りやほてり、発汗や月経不順など経験したことのない症状が続き、昨年からは肩の痛みが出始めました。
    洋服に袖を通すときに痛いので、四十肩のようなものだと思います。現在は病院で処方された漢方薬を飲んだり、痛い部分を温湿布で温めたりしながら、だましだまし生活しています。
    痛い時はあまり無理をせず、ゆっくり動かすよう心がけています。でも、動かさないよりはゆっくりでも動かした方がいいそうですよ。(40代・主婦)
  • 40代に入ってから急に体調がおかしくなり、イライラと鬱とを繰り返して寝込んだりしていました。夏場は異様に汗をかくし、冬場は肩こりや腰痛がひどくなって…。整骨院に通いっぱなしの毎日でした。
    もしかして更年期では?と気が付いてからは、サプリメントを飲み始め、飲んでいるという安心感からか、少しずつ気分が良くなってきている気がします
    気持ちが元気になると、身体を動かす余裕が出てきて、ストレッチや運動を始めるようになって。肩こりも徐々に改善してきていると思います。(40代・会社員)

肩こり・腰痛などの体の痛みにおすすめの更年期障害サプリメント>>

更年期障害で肩こりなどの症状が出ることも

『昔は腰痛なんてなかったのに…年のせいかしら?』などと考えていらっしゃる方は多いとは思いますが、加齢による骨や筋肉の衰えとは別に、更年期障害の症状のひとつとして体の痛みが出ることもあるのです。

最近では、更年期の女性の主訴として、ホットフラッシュよりも肩こりやうつ症状を訴える方が多くなっているというデータもあります。

体の痛みの主な症状としては、肩こりや首のコリ、腰痛や背中の痛み、関節の痛みなど。肩や首のコリがひどい方の中には、頭痛を訴える人もいるようです。

いずれも、若い時にはあまり腰痛などを経験したことがないのにもかかわらず、更年期が気になる年齢になってから痛みが始まった、という人が多いのが特徴です。

更年期障害で肩こり・腰痛などの症状がでる理由

更年期の体の痛みの原因は、関節・筋肉・骨が衰えるほかに、更年期の場合はそれ以外にも痛みの原因が考えられます。

女性ホルモンの分泌が急激に減少することで血液の循環が悪くなり、身体のコリや痛みの原因となっている場合があるのです。さらに、カルシウムが不足することによる骨の障害の可能性もあります。

また、長年の猫背や肥満など、日常的に筋肉や関節に負担をかけているために痛みが出てくることも。様々な要因が重なり合って、体の痛みが発生するわけです。

肩こりなどの症状が出た場合の対策

対処法として考えられるのは、まず体を温めて血流を促進することです。ゆっくりお風呂につかったり、温湿布やゆたんぽ、蒸しタオルなどで痛い部分をじっくり温めると、血流が促進され筋肉がほぐれていくのがわかります。

筋肉の緊張をほぐすために、軽い運動やストレッチなども効果的ですし、痛い箇所に負担となるような姿勢を避けるなど、日常生活の中での工夫も必要ですね。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。