更年期障害の症状~物忘れ~

あらゆる更年期障害による症状の中でも特に気になる「物忘れ」の症状や原因、対処法や体験談などをまとめています。

更年期障害の症状別体験談~物忘れ~

  • 元々暗記することが得意な方だったのですが、歳をとってくると仕事の内容を何度も確認したり、物覚えが悪くなったりして不安でした。更年期障害ではないかと知り合いに言われたのをきっかけに病院へ行ってみることに。
    医師からは女性ホルモンの分泌が低下していることによって、記憶力が衰退していると言われました。
    やはり更年期障害の症状の一種だそうです。それからはウォーキングをして体を動かしたり、好きな読書を積極的にするようにしていますよ。これ以上記憶力が低下しないよう、今後も生活の仕方を工夫していきたいと思います。
  • 40歳を過ぎたあたりから五十肩や生理不順など更年期特有の症状に悩まされてきました。また、今まで人の名前が出てこなくなることはめったになかったのですが、徐々に思い出しづらくなってきたのはショックでしたね。
    自分だけではないかと思い悩んでいたのですが、歳の近い夫や友人も物忘れで悩んでいると聞いて少しほっとしました。
    歳を重ねることによって変化する体を今は受け入れられるようになっています。これからも自分とうまく付き合っていきたいですね。
  • 記憶力が低下してきているなと感じていたものの、そのまま生活していました。
    もしかしたら更年期障害かな?と思い始めたときにはだいぶ記憶力が低下しており、簡単な漢字や数字さえ読めなくなっていたのです。
    このままではいけないと思い、新聞の一部分をノートに書き写したり、漢字の書き取りをしたりしてみたところ、徐々に記憶力が改善されていきました。年齢が原因の1つかもしれませんが、それだけではなく脳を使わないことによって休まっていたのも原因だとわかりましたね。

物忘れの改善が期待できる更年期障害サプリメント>>

更年期障害で物忘れの症状が出ることも

「昔は記憶力があったけど最近物覚えが悪くなってきた…」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。物忘れは更年期のみならず、他の病気の症状や加齢が原因となることもあります。

更年期障害による物忘れの特徴は「記憶が短時間で無くなる」こと。そのため、「物を忘れるまでの時間が以前と比べて短い」「物忘れする頻度が多くなった」のどちらかが当てはまると更年期による物忘れだと考えられます。

また、具体的な症例として、「鍵の置き場所を忘れる」「これからやろうとしていたことを忘れる」「ペットボトルのキャップをどこに置いたか忘れた」といった心あたりがあれば要注意。その他新しいことを覚えることができなくなるのも認知症の症状の1つです。

更年期障害で物忘れの症状がでる理由

更年期障害が原因となる物忘れは何が原因で起こるのでしょうか。考えられる原因をいくつか紹介します。

エストロゲンが減少する

アルツハイマー病の原因である成分「アミロイドβタンパク質」から脳を保護する作用のあるエストロゲン。既存の脳の神経細胞を守る働きがあるほか、新しく脳細胞を作り出す働きも持っています。そのエストロゲンが減少してしまうと、脳細胞が損傷され物忘れが進行してしまうのです。

血流が悪くなる

血流の流れを良くする効果が期待できるエストロゲンは更年期障害によって減少します。よってエストロゲンが減少すると血流が悪くなり、脳へ血流が行き届きにくくなってしまうのです。脳へ流れる血液が減少すると、認知力が低下したり、物忘れがひどくなったりしてしまいます。

不眠

更年期障害の症状である不眠は物忘れに影響を与えます。睡眠の質が悪いと記憶力が低下するだけでなく、物忘れにも影響を及ぼしてしまうそうです。

ストレス

仕事や家庭などでのストレスは物忘れに影響を与えます。ストレスによって分泌されるコルチゾールという成分は記憶喪失を引き起こしてしまうため、更年期障害によるストレスはもちろんその他の原因によるストレスも記憶力を低下させてしまうのです。

物忘れなどの症状が出た場合の対策

更年期によって起こる物忘れを防止する方法はいくつかあります。適切な対策をとることによって物忘れの進行を遅らせたり、悪化するのを防いだりすることが可能になるのです。

DHA・EPAを摂取する

サバやイワシなどに多く含まれているDHAとEPA。動脈硬化を予防する働きがあると言われており、生活習慣病予防としても注目を集めている成分です。脳のシナプス伝達力を維持する働きによって記憶力を高めることが期待できます。DHA・EPAが多く含まれた青魚を中心とした料理を摂取するよう心がけましょう。

脳トレをする

脳のトレーニングをすることによって、脳機能の衰えを防止することができます。寝る前に1日にあったできごとを順番に思い出すだけでも効果は期待できるようです。また、脳のトレーニングドリルなどを利用するのも1つの手だと言えます。

その他、出かける際に絶対に忘れられないものを頭にイメージしましょう。また、1日のスケジュールを紙に記載し、流れをイメージすることも大切です。「最近物忘れが激しくなってきた」と感じている方の場合はこの方法を10回行うと良いでしょう。続けることによって脳が鍛えられ、物忘れも少なくなっていきます。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。