更年期障害の症状~むくみ・冷え~

女性に多いむくみや手足、腰に感じる冷え。若い時から悩んでいる人も多いですが、更年期障害でも代表的な症状となっています。

更年期障害の症状別体験談~むくみ・冷え編~

  • 更年期に入ってから、上半身はぽかぽかと暖かいのに下半身では強烈な寒さを感じるようになりました。汗がだらだらと流れ出て、肌着がじっとりとしてしまいます。(40代・男性)
  • 朝と夕方の足のふくらはぎの太さが全く違う!冬はブーツが、夏はサンダルが、一度脱ぐと履けなくなります。健康診断では悪玉コレステロール値が、昨年と比べて急上昇しています。他には更年期特有の症状がないだけに戸惑っています。(50代・女性)

若い時から冷えやむくみに悩まされている人は少なくないですが、更年期障害ではホットフラッシュという、これまでとはちょっと違う症状も見られるのです。

血流をよくすると評判の更年期障害サプリメント>>

更年期障害による冷えとむくみの予防策は?

手足や腰の冷え、そしてむくみは、毛細血管などの細い血管に血がいきわたらなくなることで起こります。十分なエネルギーが提供されていない状態で、体の芯から冷えてしまうのです。お風呂に入ってもなかなか温まりませんし、指先や足先が冷えすぎて痛みを感じることもあります。また、上半身は汗をかくほど暖かいのに、下半身は氷のように冷えている…といった「冷えのぼせ」状態になる場合もあり、これは更年期特有の症状です。さらに、体が冷えたままだとむくみの症状も出やすくなります。血流が低下してリンパ液の流れも悪くなり、体液が滞ってしまいむくみといった症状を出すのです。

冷えやむくみは、エストロゲンの分泌量が低下すること、そして自律神経のバランスが崩れることで起こります。細い血管が縮小して血行が悪くなるのは、加齢によって基礎代謝が低下し、熱をつくる力が足りなくなってきているからなのです。改善するには、体を温める食材…根菜類や香味野菜類を積極的に食べるようにします。ニンジンやれんこん、長ネギ、しょうが、そして葛をお湯でといた「葛湯」なども効果的です。

また、下半身は筋肉量が多いですから、ここを鍛えると心臓に血液が戻りやすくなり、冷えやむくみの改善に。入浴も効果的で、半身浴をすることで血管が拡張して血流の流れが良くなります。汗とともに老廃物が外に排出されるので、むくみが改善されていきます。

そして、サポートグッズとしてサプリメントを取り入れるのも有効です。アリシンやカリウム、ぶどう種子ポリフェノールなどは冷えやむくみに良いといわれていますので、こうした成分が入っているサプリメントを選ぶようにしたいですね。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。