更年期障害の症状~手足のしびれ~

更年期に入ると、手足にしびれを感じることがあります。これまで感じた事のないしびれを感じると、何かの病気の予兆や神経異常を疑ってしまい、心配になってしまいます。

更年期障害の症状別体験談~手足のしびれ・冷え編~

  • ある日突然、手足に鈍いしびれを感じるようになりました。手足の感覚が鈍くなり、違和感が強くあります。他にも更年期特有の症状が出ているので、ホルモン薬を服用しています。(50代・女性)
  • ここ1か月ほど前から、皮膚の表面に電気が走ったようにピリピリとしたしびれを感じるようになりました。寝ていてもしびれで起きることがあります。血行不良ではないかと思うものの、一応、更年期障害の検査を受けました。(40代・女性)

というように、しびれの感じ方も人それぞれ。このしびれは、実は更年期においては定番ともいえる症状なのです。

冷え・手足のしびれはどう解消する?更年期障害の改善法

しびれてしまう原因は、ホルモンの一つであるエストロゲンが減少することから。皮膚が薄くなり乾燥しやすい状態になり、外部からのちょっとした刺激に反応するようになるのですが、それがしびれとして感じるようになるのです。気になる場合はサプリメントなどで症状改善をしてもいいですね。

また、しびれは冷えが原因になることも。普段から体が冷えているなと感じている人は、散歩やストレッチ、簡単な筋肉トレーニング、水中ウォーキングなど…適度な全身運動で血行を促進すると改善されていきます。他にも、ぬるめのお湯に20~30分ほどつかり体の芯から温めることも、血行を促進するうえではとても有効なものとなります。湯船の中でしびれている部分をマッサージするのも効果的です。

そして、食事は和食を中心に栄養バランスを心がけます。特にビタミンは必須で、牛・豚・鶏肉には血行改善効果があるビタミンB群が、ブロッコリーやキウイ、イチゴなどに含まれるビタミンCは血管を丈夫にする働きがあります。ホルモン代謝を向上させるのであれば、かぼちゃやうなぎなどに含まれるビタミンB12が良いです。

手足のしびれは放っておくと、ますますひどくなることもあります。更年期特有の症状といっても、別の病気が隠れていることもあるので、ひどい場合は婦人科や神経内科、整形外科などで診察を受けるのがいいです。自律神経調整剤・精神安定剤・漢方薬などが処方されて、ホルモン補充療法もおこなわれます。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。