女性ホルモン・エストロゲンに働きかける成分事典

更年期障害とエストロゲンの関係は?

更年期障害と女性ホルモンには深い関係にありますが、なぜ加齢と共に更年期障害の発症傾向がみられるのでしょうか。

実はそれと紐づいているのがエストロゲンです。 女性は年齢を重ねるにつれ、エストロゲンの分泌量は減少していきます。このエストロゲンの分泌量の減少と、命令を出す脳のギャップによるパニック状態こそが更年期障害の実態なのです。

エストロゲンとは?

エストロゲンは卵巣で分泌される女性ホルモンの一種で、子宮の形成や子宮内膜の増殖などに関する働きを持っており、思春期にはその活動が活発化し、女性らしいからだへと発達を促すとても大事な役割を担っています。正に女性を支えるホルモンだと言えますね。

それではエストロゲンはどのようにして分泌されるのでしょうか。 卵巣は、脳から発せられた刺激を与えるホルモンによって排卵が行われます。これが排卵のメカニズムなのですが、エストロゲンはその過程で分泌されるのです。

更年期になるとなぜエストロゲンが減少するのか?

更年期とは明確な期間が設けられているわけではなく、閉経を迎える前後10年間の事を指します。40代くらいに生理不順を感じ始め、平均して50歳代を迎える頃には閉経となるようです。エストロゲンの分泌は排卵に伴うものなので、年齢によって排卵の周期が崩れる、閉経して排卵が行われなくなることで、エストロゲンの分泌量にも作用していきます。これが更年期に近づくにつれて、エストロゲン分泌量が減少していく原因なのです。

減少してしまったエストロゲンは食事からも補うことができます。女性ホルモンの働きと似ていることで知られる大豆イソフラボン、滋養強壮に用いられるマカ。これらを含む食品を摂取することで症状の軽減につながるのですが、食事だけで目安量の摂取は難しいものです。

そのため、食事と合わせて補助的にサプリメントを摂取することで、無理なくエストロゲンの減少を軽減し、更年期障害の症状緩和に繋げることができます。

更年期障害は、数年間にも渡って体の不調が続く厄介な疾患。上手に付き合っていくためには、日常の生活改善と食事、サプリメントなどで必要な成分を補ってあげることが大切です。

更年期のツラい症状を少しでも緩和させるため、副作用などの害が少なく、手軽に続けることができるサプリメントがたくさん販売されていますね。それらに配合されている成分の中から、特に女性ホルモンのバランスを整える作用があると言われている注目の成分をピックアップして、特徴や効果についてご紹介しましょう。

その成分がどのような作用によって更年期障害に働きかけるのか、症状緩和に効く仕組みや摂取する上での注意点について、次のページから具体的に解説していきます。

さらに、実際にその成分をサプリメントで摂取した方の口コミ体験談も、いくつかピックアップしていますから、更年期向けサプリメントをお探しの方はぜひ参考になさってくださいね。

サプリメントを上手に活用することで、更年期の壁を一緒に乗り越えていきましょう!

更年期障害を和らげる成分リスト

サポニン

サポニンとは、植物の葉や根や茎などに含まれている、苦味やえぐみ、渋みなどの原因となっている成分です。食しずらい反面、とても薬効が高く、血液の循環をスムーズにし、冷え性を改善したり、ホルモンバランスを整えたり、抗酸化作用があるなど、女性にはうれしい効果がたくさんあります。

朝鮮人参、高麗人参、田七人参などに多く含まれており、特に田七人参には、高麗人参の約7倍ものサポニンが含まれています。サプリメントなら、先述の渋みなども感じることなく摂取できるので簡単に始められて、更年期障害の症状を和らげてくれるので、おすすめです。

>>サポニンが更年期におすすめな理由を見る

イソフラボン

女性ホルモンと似た成分として最も有名なのは、大豆に含まれているイソフラボンでしょう。大豆イソフラボンは、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ているため、生体内で同様の作用を発揮すると言われています。特に更年期障害の軽減や、骨粗鬆症の予防に期待が持てる成分です。日本人は味噌や納豆など、大豆製品を口にする機会が多いので、更年期のホットフラッシュなどの症状は、欧米の方に比べて少ないというデータもあります。

イソフラボンをサプリメントとして摂取する場合は、過剰に摂取しすぎないよう、1日の摂取量を70~75㎎(糖が外れたアグリコンとして30㎎)を目安に摂取することが重要です。

>>イソフラボンが更年期におすすめな理由を見る

プラセンタ

プラセンタは動物の胎盤から取れる成分で、現在市販されているサプリメントは豚や牛、馬などから取れたプラセンタを使用しています。プラセンタには、ホルモンの分泌を調整してバランスを整える作用や、自律神経を整える作用、血行促進や造血作用など、様々な働きがあることがわかっていて、それらが複合的に働くことで更年期障害の症状を和らげてくれると期待されています。肌や血液、神経伝達物質などを作り替えて維持、自律神経やホルモンバランスの乱れを整える作用があります。

>>プラセンタが更年期におすすめな理由を見る

月見草オイル

月見草の種からとれるオイルは、γリノレン酸という必須脂肪酸を多く含んでいます。このγリノレン酸を補うことで、更年期障害が原因の手足のしびれなどを改善することができるとか。欧米ではイブニングプリムローズオイルと呼ばれており、ホルモンと同じような働きをする物質「プロスタグランジン」の生産効率を上げて症状を和らげます。

>>月見草オイルが更年期におすすめな理由を見る

ローヤルゼリー

美容・健康に良いと言われ、日常生活に取り入れている人も多いローヤルゼリー。必須アミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルも豊富で、疲労回復や体質改善、美肌やアンチエイジングに効果的なほか、エストロゲンをサポートして更年期障害を緩和します。

>>ローヤルゼリーが更年期におすすめな理由を見る

プエラリア

プエラリアは、インドネシアやタイ、マレー半島など東南アジアに自生しているマメ科の植物。正式にはプエラリア・ミリフィカと言うそうです。成分は主にショ糖と食物成分なのですが、この中に大豆の40倍ものイソフラボンが含まれていることが分かっています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た成分ですから、人間の体内でホルモンバランスを整える作用があるとされ、更年期の悩みを緩和する効果も期待できるわけです。

>>プエラリアが更年期におすすめな理由を見る

マカ

マカは南米・ペルーの高原地帯で育つ植物で、根を乾燥させて粉末状に加工したものをサプリメントとして服用します。マカには、ホルモンバランスの調整作用があるとされて、生理不順や更年期障害に効果が期待できるそう。詳しいことはまだ解明されていないのですが、マカには必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれていて、それらの成分が、脳下垂体にホルモン調節を働きかけるからなのではないかと言われています。含まれるアミノ酸がホルモンバランスや自律神経を整え、エストロゲンと似たような働きをします。

>>マカが更年期におすすめな理由を見る

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。