更年期障害対策~アロマ編~

アロマと更年期障害と聞くと、一見「ほど遠いものじゃないの?」と疑問に思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

実は紀元前3,000年から、アロマは病気の治療や予防、ストレス解消などに幅広く使用され続けている補完代替医療(直接的に病気は治せる力は弱いけれど、通常の医療の変わりとなる療法)として活躍しているのです。

このページでは、そんなアロマと更年期障害との関係性についてまとめているため、更年期障害に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

アロマが更年期障害に良いとされる理由

アロマには、心と身体のバランスを整えてくれる効果があります。これは、皮膚や鼻から吸収された香りが、脳にあるさまざまなホルモンの動きをコントロールする下垂体に直接働きかけてくれるから。

更年期障害の中でもイライラや抑うつ状態といった精神的な症状を緩和するのにはおすすめの改善方法です。

アロマの粒子はとても小さいため、体の隅々まで成分が行き届くという特徴があります。各器官を通って自律神経やホルモンに働きかけ、更年期障害の症状を緩和してくれますよ。

更年期障害への効果が期待できるアロマオイル

更年期障害の症状に効果的だとされているアロマを紹介していきます。日常的にアロマを楽しむことで、更年期障害が起きにくくなるという効果が期待できるので、ぜひアロマ選びの参考にしてください。

アロマ 香り 作用 効果的な更年期症状
ゼラニウム ハーブの香りとローズの香りが混ざったフローラルな香り
  • 女性ホルモン調整
  • 利尿
  • 静清バランス
  • 血行促進
  • 保湿
  • イライラ
  • 生理痛
  • むくみ
  • 関節痛
イランイラン 異国情緒が香るエキゾチックな色っぽい香り
  • 女性ホルモン調整
  • 生理痛
  • 抗うつ
  • 鎮静
  • イライラ
  • うつ
  • 高血圧
  • 冷え
サイプレス ヒノキの香り
  • 女性ホルモン調整
  • 自立神経を整える
  • 制汗
  • 鎮静
  • 不安感
  • うつ
  • むくみ
  • 月経不調
  • ホットフラッシュ
クラリセージ ナッツのような甘さがある香り
  • 女性ホルモン調整
  • 自立神経を整える
  • リラックス
  • 抗うつ
  • 不安感
  • 生理痛
  • 頭痛
  • 筋肉痛
カモミール 青りんごのような甘い香り
  • 身体全体のホルモンバランスを整える
  • 鎮静
  • 発汗
  • ストレス
  • 不安感
  • 生理不順
  • 不眠
  • 冷え
ラベンダー 爽やかなフローラルな香り
  • 自立神経を整える
  • 抗菌
  • 抗うつ
  • ストレス
  • 緊張感
  • 不安感
  • 頭痛(偏頭痛)
  • 不眠
  • うつ
ローズウッド スッキリ感のある香り
  • 自立神経を整える
  • うつ
  • 頭痛
  • イライラ
フランキンセンス りんご系の独特な香り
  • 自立神経を整える
  • 抗うつ
  • 血液循環
  • スキンケア作用
  • イライラ
  • 不安感
  • 腰痛
  • 生理痛
  • うつ
ネロリ オレンジの花の香り
  • 自立神経を整える
  • 鎮痛
  • 抗うつ
  • 不安感
  • うつ
  • 不眠
  • 動悸
  • 緊張感
  • 腹痛
ベルガモット りんご系の香り
  • 自立神経を整える
  • リラックス
  • 抗鬱
  • 鎮痛
  • イライラ
  • 不安感
  • うつ
  • 腹痛
  • 食欲不振
ペパーミント 爽やかな香り
  • 自立神経を整える
  • イライラ
  • 不安感
  • 緊張感
  • 腹痛
  • 冷え
  • 肩凝り
レモングラス 爽やかさのなかに甘さも加わった香り
  • 殺菌
  • 消化促進
  • 頭痛
  • めまい
  • 肥満
  • 腰痛
ジャスミン フローラルな香り
  • ホルモン調整
  • 抗うつ
  • 血液浄化
  • 神経バランス
  • 不安感
  • うつ
  • 月経不順
  • イライラ
ローズマリー ハーブの香り
  • 抗うつ
  • 利尿
  • 神経への刺激
  • 血行促進
  • 向場感
  • 自信喪失
  • うつ
  • 冷え
  • 低血圧
  • 筋肉痛
  • 肩凝り
  • 無気力

アロマオイルの使い方

アロマとひと口に言ってもさまざまな使い方があります。ここでは、香りを楽しみながら、更年期障害の症状を緩和する効果が期待できるアロマの使い方を紹介します。

芳香浴

アロマを使う方法で1番ポピュラーなのが、部屋に香りを充満させる「芳香浴」です。部屋に香りを広げることで、日頃のストレスから解放され、ゆったりとした雰囲気を味わえます。

アロマランプを使って簡単にできるのも特徴の1つです。もしアロマランプが無くてもティッシュやコットンに垂らすだけでOKなので、ぜひ試してみてください。

マッサージ

アロマの粒子は小さく、肌に触れることで血液に取り込まれて体の隅々まで成分が行き届きます。効果によってアロマを使い分けてマッサージすると、アロマ効果を得ながらむくみや便秘、乾燥など、一度でさまざまな効果を期待できますよ。

ボディクリーム

オイルのべたつきが苦手な人におすすめなのが、アロマオイルを使ったボディクリームです。市販の乾燥クリームとお好みの精油を2滴混ぜるだけですぐにオリジナルボディクリームが完成。そのオリジナルボディクリームを肌に塗ることで、リラックス効果を得るだけではなくボディケアも一緒にしちゃいましょう。保湿効果のあるアロマを使用すれば、乾燥感やシミ・シワの改善も期待できますよ。

アロマオイルを使用する上での注意点

アロマを直接肌に塗布しない

アロマオイルは濃厚な液体のため、直接肌に塗ってしまうと炎症を起こしてしまったり、香りが強すぎて頭痛や吐き気を招いてしまったりするケースがあります。そのため、アロマオイルを使用する際は、植物性のオイルやお湯で薄めてから使用するようにしましょう。

特性をしっかりとチェックする

アロマにはそれぞれの特性があります。たとえばベルガモットやグレープフルーツのような柑橘系のアロマの場合だと、光毒性をもっているため塗った肌が光に当たるとやけどをしたように皮膚がボロボロになってしまうことも。更年期障害を改善したくて使用したのに、違う症状が増えてしまうと余計にストレスも蓄積されてしまうため、使用したいアロマの特性を知る必要があります。

更年期障害の症状を改善するために、アロマの正しい使い方を守って使用するようにしましょう。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。