医師の診断

更年期に入り、つらい更年期障害と向き合うには専門医の診察が確実です。ホットフラッシュや強い倦怠感、あるいは頭痛や腰痛、微熱など、はっきりとした身体症状が出るようなケースでは、婦人科や更年期の専門医にかかられると安心です。

何科を受診すれば良いの?

更年期障害の対策としては、基本的に産婦人科専門外来(更年期外来など)を受診します。ここでは問診で普段の生活状況や身体的な症状のチェックを行います。

「ある日、ふとしたことで悲しくなる」「イライラが収まったり、急に始まったりと落ち着かない」「ホットフラッシュとともに強い冷えがある」など、どのようなことでもすべて問診でお話するようにします。

さらに、更年期に入っているかどうかを調べる血液検査をします。血液検査では女性ホルモンがどのくらい出ているか、平均値と比較して不足しているかどうかなどを調べていきます。 不眠・不安・イライラ・神経系の症状などが強い場合は、別途精神科内科などを受診することになります。

血液検査では血中のホルモン量の検査を行い、更年期に入ったかどうかを調べます。医師からも詳しい説明がありますので、更年期とわかれば、その後の治療にもスムーズに入ることができます。

 

どのような治療を行うの?

更年期障害だと判断されると、具体的な治療に入っていきます。治療方法としては、漢方低用量ピルなどを飲んで体の状態を安定させたり、自律神経を調整するお薬や、女性ホルモンを直接補充する方法などがとられます。

病院の方針によっても異なりますが、比較的軽度な症状の場合は体に副作用を与えづらい漢方薬が処方される場合があります。閉経していない女性に対しては、無理にエストロゲンを補充することはせず、漢方を少しずつ服用しながら症状を軽く抑えていくという方法があります。

不眠症などの治療には睡眠導入剤が用いられますし、不安やうつなどの症状が強い場合は向精神薬が処方される場合もあります。また、心の問題の治療としてカウンセリングを導入している病院もあります。

<体験談>医師の診断で更年期障害対策をしてわかったこと

私の場合、仕事が手に付かないほどの倦怠感や突然のふらつき、かと思えばおでこから猛烈な汗をかいて、手足の末端が冷えるといったさまざまな症状がありました。 これは間違いなく更年期障害だろうということで、更年期外来を受診。診断結果としては、ホルモンの値が少し下がってきていて、体が更年期に入り始めたということでした。

更年期対策を始めてからわかったことは、確かに漢方やイソフラボンには更年期に良い効果があるということです。ホットフラッシュや倦怠感などが少し解消(緩和)された気がしますし、食事のバランスが整って健康にも良い気がします。

病院では、イソフラボンを食べ物から摂るようにと先生からアドバイスをもらいました。ご飯よりもパンやおかずが好きだったのですが、豆腐や納豆などを食べるために和食にチェンジ。時間がない時は味噌汁に豆腐を入れて飲むなど、できるだけイソフラボンが摂れるように心がけました。 買い物に行った時には、味噌・納豆などの大豆製品以外にも、豆乳やイソフラボン入りの健康食品など、いろいろな食品を買って食べるようになりました。

症状がひどくならないようにリラックスしながら生活するようアドバイスされましたが、別に漢方薬も処方していただきました。ホルモン補充療法は副作用が強く出るおそれがあるということで、もう少し様子を見て、不調が続く場合に処方すると言っていただきました。

処方された漢方を毎日決まった時間に飲んで、睡眠時は汗をかいてもいいようにタオルケットなどを準備し、体を少しでも温めながら生活するようにしました。イライラ感が強く出ないようにリラックスしながら生活するようにして、お風呂もシャワーではなく湯船に浸かるようにしました。

また、毎日の生活習慣が体にどれほど大事かということも痛感しました。ストレスを溜めない、イライラをうまくコントロールしたり、ストレス発散をしてあげる・・・といったことも、更年期の対策にはとても有効だと思います。

手軽に始められるサプリメントのすすめ

漢方と同時におすすめしたいものが、イソフラボンなどを配合した更年期用のサプリメントです。私は漢方薬だけでは不安だったので、症状が辛い時にはサプリメントもプラスするようにしていました。

なぜなら、不足する栄養素を食べ物から補うのは限界がありますし、イソフラボンなど更年期に必要な栄養素が、サプリメントにはたっぷりと含まれているからです。 更年期用のサプリメントは更年期の症状に合わせて調合されているので、頭痛やホットフラッシュなど個別の症状に対応することなく、総合的に症状を緩和できます。

イソフラボンは食べ物や飲み物からでも手軽に摂取できますが、それ以上に便利でお手軽なのがサプリメントの長所です。外に持ち運びをする場合でも、サプリならケースに入れておくだけでどこへでも持っていけますし、外出先で不定愁訴に悩まされた時にも、サプリがあれば安心ですよ。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。