更年期障害対策~体操・有酸素運動編~

更年期障害と上手につきあうためには、適度な運動が効果的です。なぜ運動がよいのか、具体的にどんな運動をすればいいのかをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

更年期障害に運動療法を!

更年期障害を自覚している・していないに関わらず、健康な生活のために適度な運動は欠かせません。慢性的な運動不足に陥っている中高年女性は数多いので、この機会に運動習慣をつけるのがおすすめ。更年期障害対策に役立つ、以下のようなメリットがありますよ。

  • すみれ代謝力の低下に伴う肥満を防止する
  • 自律神経のバランスを整え、更年期障害の症状を軽減させる
  • 更年期障害の症状に伴うストレスやうつの解消法になる
  • 生活習慣病の進行を抑える

ぜひ適度な運動を日常的に行っていくようにしましょう。

適度な有酸素運動がおすすめ

更年期に入ると体力が大きく低下するので、少しの運動でも疲労感を感じます。それが運動不足を引き起こしているのですが、自分の体力に合った運動を、無理なく根気よく続けることで身体機能が高まり、それがメンタル面にも良い刺激を与え、毎日の生活を快適に過ごしやすいものとします。目安としては、ちょっと汗をかくぐらい。脈拍は何もしない時よりもちょっと早くなるぐらいを意識し、1回あたり20分程度の運動を週に2~3回ほど行うようにするといいです。

骨密度が低下している更年期女性も多く、負担の多い運動が足腰の疲労骨折を招いてしまうこともあります。こうなると本末転倒。無理なくできるおすすめの有酸素運動は次のものです。

  • ウォーキング…姿勢を良くし、少し汗ばむ程度のスピードで歩くと効果的でしょう。
  • 水中ウォーキング…水の浮力や負荷がかかるため、水中を歩く方が効率よく全身を使えます。
  • ジョギング…ウォーキングよりも脚・腰に負担がかかるため、普段から運動をしている人や、体力に自信がある方におすすめ。
  • ストレッチやヨガ…かたくなった筋肉をしっかりほぐすことで、血流が体の末端まで行き届きます。

上記のような運動は、すべて有酸素運動にあたります。有酸素運動には、緩やかな運動を20分以上続けることで、体脂肪が燃焼されていくという特徴があります。対する無酸素運動は、瞬発的に筋肉を鍛えていくもので、短距離走やウエイトトレーニングが該当します。

<体験談>更年期障害の運動療法には向き・不向きがある

私の場合、慢性的な運動不足だったため、雨さえ降らなければどこででもできるウォーキングを始めることに。最近太ってきたのでダイエットもかねようと、はりきってシューズも購入。

平坦な道だけでなく、ちょっとした坂道をプラスすることで下半身の筋肉強化になり、基礎代謝をあげることができるそうなので、あえてそういう道を選んで歩きました。

久々に運動をするのは、なかなか大変。若い時とは違い体が自由に動かないし、最初はしんどくてふらふらしました。1週間はなんとか毎日頑張りましたが、梅雨に入ったのを理由に、週に数回になり、月に数回になり、最終的に止めてしまいました。

ダイエットするまでに至りませんでしたが、ウォーキングをした日は心地よい体の疲れで、ぐっすり眠れた気がします。

日頃運動をしていない人にとっては、少しの運動でも大変に感じるので、日常生活でなるべく動くように心がける方が現実的です。

「運動しないと…」とマイルールに縛られてストレスを感じる方、どうしても運動を続けるのはツライという場合は、ライフスタイルを変えずにすむサプリメントの方が性格的に合う方法かもしれません。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。