更年期障害対策~サプリメント編~

更年期障害の症状の緩和や予防を目的として、女性ホルモンや自律神経のバランスを整えるものなど、たくさんの種類のサプリメントが販売していますが、いったいどんな成分が更年期障害に有効なのか、判断がつきませんよね。

そこで、私はとにかく「更年期障害にイイ!」と言われている、あらゆるサプリを飲んでみました。そんな私が1番良さを実感したのが、田七人参という薬用人参が使われているサプリメントでした。

田七人参は、いわゆる高齢人参よりも多くの薬効があるといわれてる薬用人参なのですが、いったいどのような成分や効果があるかわからないと思いますので、詳しくご説明したいと思います。その他、更年期障害に効果があるように感じたその他のサプリや成分についても、このページでご紹介します。

田七人参とは?

血行不良や体調不良、滋養強壮など、さまざまな体の不調や、冷えからくる「未病」に効果を発揮すると言われるものが薬用人参です。 朝鮮人参や高麗人参などがよく知られている品種ですが、最近では良質の栄養素を含む「田七人参」と呼ばれる品種が注目を集めています。

田七人参はウコギ科の植物で、別名「三七(さんしち)」「田三七(でんさんしち)」と呼ばれています、名前に数が付いているのは、収穫するまでに三年~七年がかかるため、このような名称で呼ばれています。

田七人参が注目されている理由は、大きく分けて4項目が挙げられます。

1、高麗人参以上の有効成分

高麗人参の主な有効成分は、人参サポニンの一種である「ジンセノサイド(ginsenoside)」です。 田七人参は、このジンセノサイドの含有率が高麗人参の3倍以上もあるということで、薬用人参の王様として、高い抗酸化作用・血行促進作用が期待できます。 血行を促進する作用によって、生活習慣病の予防や婦人病の予防など、さまざまな健康的メリットが期待できます。

また、生理痛や偏頭痛、更年期のホルモンバランスの乱れからくる頭痛などの「痛み」にも効果が期待できます。 更年期には血行不良からくる冷えや体調不良を抱える方が多いのですが、高麗人参よりもさらに高い薬効が期待できる田七人参が適しているのです。

2、高い止血作用

田七人参には、アミノ酸の一種である「デンシチン」が含まれています。デンシチンには高い止血作用があり、ベトナム戦争で止血薬として用いられた実績もあるほど。 傷口からの出血はもちろん、不正出血など体の内部で起きる出血にも利用可能なので、生理や更年期に関してトラブルを抱える女性にも心強い味方となってくれます。

3、豊富な栄養素で健康をサポート

田七人参には、ビタミンB群を中心に、ミネラル類・アミノ酸・デンシチンなどの特有の成分、ファイトケミカル系抗酸化成分・その他フラボノイドや有機ゲルマニウムなど豊富な栄養素が含まれています。 更年期障害の解消に役立つサポニンはもちろんのこと、体の中で日々消費されるミネラル類やビタミンも豊富に摂取できるので、健康増進や健康維持、疲労回復などに効果が期待できます。

具体的な効果としては、サポニンが体の血行を良くして倦怠感やのぼせなどを緩和し、ビタミンB群が生理不順を整える役割を、マグネシウムが頭痛の緩和を、亜鉛や鉄分が精神的な症状の緩和効果をもたらします。 一つ一つの栄養素を個別にサプリメントで摂取しなくても、田七人参を摂れば必要な栄養素を逃さずに体に取り入れることができるのです。

4、肝機能の強化

田七人参には、肝臓の血行を改善する作用があるため、肝細胞がもつ解毒機能を強化します。そのため、お酒をよく飲む方や飲みすぎで肝臓が弱っている方にもおすすめの食材なのです。

これらの効果をまとめて得るには、食材から生薬として服用するのは難しいため、サプリメントの活用がもっとも効率的な方法となります。

更年期障害対策におすすめのサプリメント成分は?

更年期の症状を緩和する成分を含んでいる、私が試したサプリのみを紹介しているので、サプリ選びに悩んだら是非参考にしてください!

おすすめ成分<サポニン>

サポニンのチカラ

  • 血液の循環をスムーズにし、生理不順や冷えを改善。
  • 女性ホルモン・エストロゲンの分泌を促進し、ホルモンバランスを整える。
  • コレステロールや脂質の酸化を防ぎ、血液をサラサラに。
  • 脂肪を吸収する働きで、肥満を防止。
  • 副交感神経を活性化、イライラ・うつを予防。
  • 抗酸化作用で細胞を活性化、美容効果。
  • 免疫機能を高め、感染病を予防。
  • 肝機能をアップさせる。
白井田七商品画像
私が試した
サポニンサプリ

白井田七(さくらの森)

錠剤タイプ
初回特別価格3,980円(税込)
(約1ヶ月分)
<試した感想>
サポニンの量が高麗人参の約7倍という、希少価値の高い田七人参を使った漢方系サプリ。飲み始めて1番驚いたのは、翌日の目覚めの良さ。不眠で悩んでいたのに、ぐっすり眠れたのには驚きでした。血流が良くなったからか、悩みだったほてり、冷え、肩こり、腰痛も楽に。不調がよくなったおかげで、イライラすることも少なくなって、主人とのケンカも、子どもにガミガミ叱ることも減った気がします。漢方系のわりにお手頃価格なので、続けやすいのもポイントです。

サポニンパワーを白井田七でお試しする>>

おすすめ成分<イソフラボン>

イソフラボンのチカラ

  • イソフラボンが女性ホルモン・エストロゲンと似た働きをする。
  • メタボリックシンドロームの予防。
  • 血流改善し、血圧を下げる。
  • 骨を強くし、骨粗しょう症を予防。
基本のサプリ商品画像
私が試した
イソフラボンサプリ

からだ想い 基本のサプリ(キッコーマン)

定期購入価格4,914円(税込)
(約1ヶ月分)
<試した感想>
お醤油でおなじみの食品メーカー「キッコーマン」が作ったサプリということで、大豆パワーが詰まっています。腸内での吸収率を高めた独自成分「大豆イソフラボンアグリコン」が、女性ホルモンの働きをカバーしてくれるそう。ビタミンD3や葉酸も摂れるので、アンチエイジング効果が期待できます。

イソフラボンパワーを基本のサプリでお試しする>>

おすすめ成分<ローヤルゼリー>

ローヤルゼリーのチカラ

  • 特有成分「デセン酸」が女性ホルモンと似た働きをする。
  • 新陳代謝を高め、皮脂量をコントール。
  • 自律神経を整える。
酵素分解ローヤルゼリーキング商品画像
私が試した
ローヤルゼリーサプリ

酵素分解ローヤルゼリーキング(山田養蜂場)

定期購入価格6,172円(税込)
(約1ヶ月分)
<試した感想>
ローヤルゼリーの含有量は1粒でなんと800mg!骨を強化するコーラルカルシウムや、女性ホルモンの働きをサポートする大豆イソフラボンも配合されているので、更年期女性にぴったりです。不足しがちな亜鉛も補えます。粒は10.1mmとサプリにしては大きめの印象。飲み続けると体が軽くなった感じがしました。

ローヤルゼリーパワーを山田養蜂場サプリでお試しする>>

おすすめ成分<マカ>

マカのチカラ

  • 女性ホルモンのバランスを整える。
  • 自律神経を整え、不安・うつを予防。
  • ストレスや緊張による血圧上昇を抑制。
  • 活性酸素を抑制、骨粗しょう症を予防。
  • 植物性エストロゲンが月経トラブルを改善。
マカ商品画像
私が試した
マカサプリ

マカ(ホットストア)

定期購入価格2,992円(税込)
(約1ヶ月分)
※別途配送料が必要
※初回は3回分決済8,976円(税込)
<試した感想>
疲労回復・滋養強壮に良いと言われるマカ。サプリは続けないと効果がわからないし、定期購入で約3か月間試してみました。粒は小さいのですが、1日8粒となると一気に飲むのは大変なので、朝と夜4粒ずつにわけて摂取。ホルモンバランスが整ったのか、飲んでいる間は生理痛が軽かったです。

マカパワーをホットストアのマカでお試しする>>

更年期障害の対策にはサプリメントがいい!

サプリメントとは、食事だけではバランスよく摂取できない栄養を、食事以外の錠剤やドリンク、ゼリーなどで上手に補うための栄養補助食品です。美容や健康、ダイエットなど、それぞれの目的に合わせた成分を選んで摂取できるので、忙しくて食事に気を使うことができない方などにとって、とても便利なアイテムですね。

更年期障害の場合も同様に、更年期の女性に足りない成分を補うサプリを選んで試してみましょう。

また、人によっては、「イソフラボンサプリは効かなかったけど、田七人参のサプリは効いた」など、合う合わないがあるようなので、最初に試したサプリが効かなかったからといってサプリ全般が効かないと決めつけてしまうのはもったいないです。自分の症状に効果的な成分を知り、その成分が入っているサプリを選びましょう。

そもそも更年期障害は、女性ホルモンが減少して起こるホルモンバランス変化に対し、身体が付いていけないSOSサイン。ですから、女性ホルモンと似た働きを持つ成分を補ってあげれば、ホルモンバランスの変化を緩やかにし、身体への負担を軽くできるというわけです。

女性の更年期は、閉経を挟んで10年ほど続くものですから、症状との付き合いも長期間に及びます。薬やサプリメントを飲むことで症状を緩和できるのはいいのですが、長期間服用して体には影響が出ないものなのでしょうか。

更年期世代に人気が高いサプリメントをチェック>>

サプリメントによる更年期障害対策は副作用の心配が少ない

サプリメントを毎日欠かさず飲むことを日課としている方は多いことでしょう。

サプリメントは、食事だけでは毎日摂取できない栄養を、錠剤などで効率よく補うことができる栄養補助食品。食品ですから、病気を治療する効果はそれほど期待できませんが、病気を未然に防いだり健康を維持するという意味では有効ですね。特に更年期障害の対策サプリの場合は、症状を緩和する効果が期待できるものもあります。

さらに、サプリメントは食材に含まれるビタミンやミネラルなどの安全な成分だけを組み合わせて作られた食品なので、一般的な薬のような副作用はほとんど心配ありません。長期間飲み続けたとしても、食べ物と同様に体には害がないのです。

ただし、サプリメントには1日の摂取量が決まっているものもありますので、用法・用量を守って正しくお飲みください。

副作用が絶対に出ない薬なんてない!?

現在、病気を治す効果のあるすべての薬においては、ごくわずかな症例であるにせよ、何らかの副作用が出るリスクは避けられないと言われています。医師や薬剤師の見解によると“絶対に副作用がない薬など存在しない”ということです。確かに、病院や薬局で処方される薬には必ず副作用について記載された書類が添付されていますし、市販薬のパッケージや説明書にも、副作用についての記載が必ずあります。

病変している部分の炎症を静めたり、症状を抑えたりする効果を確実に出すためには、ある程度強い作用のある成分を配合せざるを得ません。その薬を飲むことによって、ほかの健康な部分に何らかの不調が発生するリスクは避けられないということですね。

ですから、更年期障害のように長期間の治療が必要な疾患の場合は、薬の服用に際し医師や薬剤師の判断が不可欠。市販薬を服用するときでも、副作用についてしっかりと確認し、注意して飲み続けなければならないのです。

長期間続けるなら更年期障害対策サプリメントがおすすめ

サプリ集合画像更年期障害のツラい症状とは、数年間という長いスパンでお付き合いしなければなりません。

生活に支障をきたすほどの激しい症状が出ている場合は病院での治療が必要ですが、『何となくダルくて疲れが取れない…』、『手足が冷えて困る…』といった不定愁訴には、食事や運動などを見直す生活改善と共に、サプリメントの摂取が有効です。

副作用の心配が少ないので、安心して長期間続けられますし、サプリを飲み続けることで緩やかに体質を改善していく効果も期待できます。そして何よりも、毎日サプリを飲むことが“健康な身体は自分で守っていく”という意識につながりますね。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。