更年期障害対策~生活の中の運動編~

更年期障害の症状を和らげるためにも、病気を未然に防ぐためにも、食生活や運動、ストレス解消など、日常生活を改善していくことは有効だと言われています。

どのようなことに気を付けるべきか、改善方法について解説したいと思います。

生活習慣(運動・食生活など)を変えて更年期障害を緩和しよう

更年期障害の症状は、睡眠や運動、食生活やストレスなど、生活習慣の乱れと密接に関わっています。

たとえば、不眠などの睡眠に関する悩みは更年期障害の症状のひとつとして挙げられますが、睡眠時間が少ない状態が長期間続くと、うつやイライラなどの精神的な症状にもつながります

適度な運動を毎日続け、できるだけ快適に睡眠がとれるように体調を整えたり、早寝早起きの習慣をつけて、少しでも睡眠に対する満足度を上げる努力をするだけで症状が楽になることもあります。

病院でホルモン補充療法などの治療を受けたり、薬を処方してもらったり…というだけではなく、日常のちょっとした習慣を変えることが、ツラい症状を緩和する第一歩になるかもしれません。

バランスのいい食生活で更年期障害対策

毎日夕飯のメニューをあれこれ悩むけれど、結局毎日同じようなメニューしか作らない…という方はいませんか?

中高年になると食の好みが決まってしまい、同じような食材しか選ばなくなるので、栄養バランスが偏る人が増えてくるといいます。更年期は、ただでさえ糖尿病や高血圧などの生活習慣病のリスクが高まる時期ですから、食生活をもう一度見直す必要があるのです。

特に、更年期障害には、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをすると言われる、イソフラボンを摂取すると良いと言われているのは有名ですね。大豆に多く含まれている成分ですから、納豆や豆腐、おからなどを食事に取り入れると良いでしょう。

その他にも、カルシウム不足を補うために、カルシウムの吸収を促すビタミンDやKも摂取することをおすすめします。

運動などストレスを溜めない生活が更年期障害対策の第一歩

何よりも大切なのは、日常生活の中で、できるだけストレスを溜めこまないように工夫すること。

更年期は、子供や夫など家族の問題が発生したり、環境が変化するなど人生の転機となる時期ですから、ストレスやプレッシャーを感じやすいときでもあります。更年期に感じるストレスは、これからの生き方や老後のプランなどを考えるよい機会です。家族や自分の人生と向き合い、生きがいと感じられる仕事や趣味、友人などを見つけて楽しむことが大切ですね。

人生の節目の時期を、いかに充実して過ごせるかが、更年期を上手く乗り越えて、実りある老後を送るための重要なポイントとも言えるのです。

<体験談>生活習慣を見直して変わったこと

私の場合、寝る直前まで家事や次の日の準備等でバタバタとしていましたが、睡眠不足を解消するためにも、お風呂にゆっくり浸かり、寝る前にホットミルクを飲んでリラックスタイムをとるようにしました。

また、以前は朝ごはんはパン派だったのですが、イソフラボンを摂取できるようお味噌汁や納豆を食べるように。しばらく続けていましたが、子どもたちがパンの方が良いようで、いつの間にかまたパンに戻ってしまいました。

朝ごはんは続きませんでしたが、スーパーに買い物に行くときは、意識的に大豆製品を買うようになりました。もともと料理は得意ではありませんが、おかげで少しはレパートリーも増えたような…。

更年期障害にすぐに効果を発揮するものではないかもしれませんが、家族の健康のためにも続けていきたいと思います。

このサイトは、更年期障害に悩む私が個人的に情報を集めて立ち上げたサイトです。2016年6月時点での情報なので、
もっと詳しい情報を知りたい方、最新情報が知りたい方は、クリニックやメーカーの各公式サイトでご確認ください。